営業支援を会社で導入する際のポイント

営業部門内でも業務の変更の影響が大きく出たことも断念をした要因

営業支援 会社営業支援|株式会社エイチ アイ ティー

様々な処理の順番を入れ替えたり、新たにシステムに対するデータの投入方法を学ばなければならないなど、考えてみるとツールに振り回されてしまいこれまでの業務の進め方が全く生かされない結果となってしまったのです。
それでもある程度時間が経過すれば作業する側も慣れてくると思ったのですが、実際にはそう簡単ではありませんでした。
会社の営業支援の業務は非常に様々な要素が含まれており、また他の部門と直結する要素も非常に多いのが特徴です。
営業にかかる経費の処理は経理部門と密に連携しなければ適切に処理を行うことができず、また製品の納入や検収及び納期管理は資材部門や技術部門とも綿密に連携をしなければなりません。
そのため営業部門だけが独自のシステムを導入してもこれに対する影響が様々な部門にわたり、これが業務効率に多大なインパクトを与えてしまうことになったのです。
単純に営業部門の業務スタイルの変更であると考えてツールを導入したことにより、他部門への影響が大きく最終的にこのツールの導入は断念せざるをえませんでした。
また営業部門内でも業務の変更の影響が大きく出たことも断念をした要因です。

営業支援を会社で導入する | 営業部門内でも業務の変更の影響が大きく出たことも断念をした要因 | 様々なシステムの影響により作業手順が変更になった