営業支援を会社で導入する際のポイント

様々なシステムの影響により作業手順が変更になった

様々なシステムの影響により作業手順が変更になったことにより、様々なミスが多発しこれを修正するために多くの労力と費用がかかるようになっていました。
そのため従業員の労働時間が増大し、これにかかる人件費も増大してしまったことから本来の効率化とはかけ離れた結果になったこともシステムの導入を断念した理由です。
現在では本来の営業支援業務を再分析し、この方法を変更しないようにすると言う前提でツールを選択する方針に変更して導入を行ったことで、業務自体は非常にスムーズに進んでいます。
他部門に対する影響もほとんどないため、作業の効率を高めると言う点に絞って導入をすることができて高い成果を上げているのが実態です。
営業支援を導入する際には単純に目先だけの効率ではなく、現在の業務の進め方や周辺に対する影響を十分に鑑みて行うことが必要で、そのためには現在の業務を綿密に分析し、その内容に影響を与えないようにしながら導入を検討することが非常に重要なポイントであることを知りました。

営業支援を会社で導入する | 営業部門内でも業務の変更の影響が大きく出たことも断念をした要因 | 様々なシステムの影響により作業手順が変更になった